大阪も名古屋もすごいんです



食べ歩きから帰ってきた私は、讃岐うどんへの愛を改めて感じていた。
それと同時に、不思議な事に大阪うどんへの愛も再確認していた。決して負けてへんで、と。
どっちが上だろう、という問いかけは正しく無い。これらは同じ”うどん”であって全く別物なのだ。
大阪うどんの名店といえば、元祖きつねうどんの”松葉屋”は外せない。大阪うどんの命である”出汁”も
さる事ながら、麺も毎日お店で手打ちしている。讃岐のようなぶりぶりのコシでは無いが、程よい
コシというか食感はしみじみ美味しい。そして名物”きつねうどん”のおあげさんは、全国民一度は食べて
欲しいと思う絶品なのだ。大きくて分厚いおあげさんは絶妙の味に炊きあげられていて、それがうどん出汁を
吸い込むとまた格別。口の中でじゅわ〜っと出汁がしみ出ると、もう他には何も要らないと思ってしまう。
メニューは豊富だが、行くとどうしてもこれが食べたくなる。
冬はこれまた名物の”おじやうどん”が良い。鉄鍋にうどんとおじやが半々に入ってくるのだが、正に
心も身体もポッカポカに温まる。ハンカチは忘れずに持って行こう。分けたまま食べるのはもちろん、
ご飯とうどんをガーッと混ぜてもまた格別。炭水化物同士って、何故合うのだろう・・・。

名古屋のきしめんも好きだ。あのへろへろとした独特の舌触りが、何だか妙に気持ち良い。
名古屋、長野辺りの出汁は関西と関東の間という感じがする。出汁はしっかり取っているけど、醤油も結構
入っている、というような。色も少し濃い目だが、個人的にはなかなか好きだったりする。
仕事で名古屋に泊まりこんでいた時は、お昼によく食べていた。なぜこの地域だけでこの形の麺が発達したのか?
誰が平べったくする事を考えたのか?ちなみに具はシンプルにほうれん草とおかかが良い。
味噌煮込みも衝撃だった。長時間煮込むのに、どろどろになることは無い。むしろかなり煮こまないとシンが
残るし味も沁みない。小麦粉感を感じる麺そのものは、美味しく無いんじゃなかろうか。でも味噌煮込みは
あの麺だからこそ成り立つ美味しさなのだとも思う。土鍋でグツグツ煮詰められるうどんに、讃岐うどんの
コシは要らない。へろへろした平たい麺と卵、多めのねぎがあれば私は幸せだ。

もっと局地的になるが、”伊勢うどん”という物をご存知だろうか。その名の通り伊勢、三重県ではポピュラ−
だが隣近所の県では見かけないうどんである。お店で頼むと丼では無く皿に太目の麺が入ってきて、それに
真っ黒な醤油ダレとねぎ、おかかをかけて混ぜて食べる。麺はコシが弱くソフトな感じで、それが
少量のタレとよくからむ。タレは真っ黒で見かけかなりしょっからそうだが、実は少し甘めでマイルドな味。
私は熱々のしか食べた事が無いが、もしかして冷たいのもあるのだろうか?濃厚で『食べた〜』という実感の強い
このうどんは、ちょっとハマりそうになった事もある。

さらに局地的になるが、京都に”平八”といううどんすきの有名店がある。二条と祇園にあって、二条など
佇まいも優雅でお高い店に見える。ところがその外見に似合わずお手頃なうどんすきには、とんでもない物が
入っている。それは直径3cmはあろうかと思われる、ふっと〜いうどん。ヘビのように鍋の底に”どん!”
と1本居座っているのだ。
私は学園祭の打ち上げで初めて行ったので仕掛けかと思ったのだが、れっきとした店の名物だったので驚いた。
うどんすきの出汁は京風で、文句無しに美味しい、だが例のうどんはいつまで経っても中まで火が通らない。
他の野菜や魚を全て食べ終えても、うどんにはまだ火が通らない。別にその状態でも食べられない事は
無いのだが、美味しくはなかったかも・・・。ハマると以外に病みつきという話もあるので、あくまでも
好みの問題だろうけど。お代わり自由なので、確実にお腹一杯になれるのは間違い無い。
そして話のネタとしては最高。学生だった私達はこのうどん1本のおかげでものすごく盛り上がれたのだった。
それきりその店には行ってないが、誰か教えて欲しい。あのうどんはどのくらい炊けば食べ頃なのだ?


まだ短い人生の中で、それでもこれだけ多様なうどん達と出会ってきた。これからもうどんを愛する心に変りは
無いだろうし、目新しいうどんがあれば飛び付いていく事だろう。そして冷凍庫には2,3のうどん玉が
眠っている。今日も、これからも。麗しき粉モンの前途を祝して、かけもう一杯!


                                                        讃岐うどんリターンズ