ハンドメイドアクセサリー・ジュエリーの作り方

ハンドメイドアクセの製造方法には幾つかあって、デザインや目的によって使い分けます。
Hi‐Hoは99%以上Bの工法です。(エンジェルさんとデビルくんの胴体のみ@で製作)


@キャスト(鋳造)・・・石膏で作った型に溶けた地金を流し込んて形作る方法。原型を一つ作れば同じ形がいくらでも作れます。なので量産に適しており、市販されている物はほとんどこの作り方です。 その原型も最近はPCで簡単に作れてしまうのが切ない・・・


Aアートクレイ・・・シルバーのみですが、元々は粘土状や液状なので比較的簡単に、自由に形を作る事が出来ます。必要な道具も少ないのも初心者向き。形作った物を炉で焼くと、粘土状にする為に混ぜられていた水分その他が焼失し、純銀だけが形として残ります。 地金の密度が低いので、薄い細い物には向きません。ピカピカに磨くのは難しいです。


B手作り加工・・・その名の通り機械や特殊な道具に頼らない製法です。基本的には現在も大昔とそう変わらない方法のようです。具体的な手順は↓

工程1
純銀と銅を決まった割合で測る。最初はこんな粒状です。

工程2
バーナーで熱を加えて溶かします。シルバーだと1300℃位でしょうか。プラチナの場合は2000℃位にしなければ溶けないので、 酸素バーナーを使います。遮光眼鏡を付けないと目をやられるくらい真っ赤になるんですよ。

工程3
溶けて一塊にしたら、熱い内にハンマーでガンガン叩いてストレス解消!じゃなくて・・・

工程4
大ざっぱな角棒に整えます。これを作る物に合った板状、棒状にローラーで延ばして準備完了。


この後の工程は作る物によって様々です。切ったり、曲げたり、溶接したりして形を作り、ぴかぴかに磨けば完成!
他の製法と何が違うかと言うと、溶かした後ハンマーでしっかり叩く事により気泡が抜け、密度の高い地金にする事ができます。これにより強度や仕上がりの光沢に差が出ます。プラチナと金も同様です)
また、当店で使用しているシルバーは銀が95%のSILVER950です。これは一般に最も多く使われるSILVER925より純度が高く、若干ですが白っぽく美しい色になります。また純銀より硬いので、安心してお使い頂けます。

こだわりは素材だけではありません。リングは指に当る部分の角を落し、長時間着けても痛くならないように心がけています。デザイン重視なのでどうしても引っかかりそうな物もあるの
ですが、それはそれで出来る限り着けていて邪魔にならないよう、工夫はしております。
と、こんなプチ情報も踏まえた上で見て頂くと、また違った発見があるかもしれません。では、作品の方もゆっくりと御覧下さい。